2007年09月16日

全日本トライアル中国大会〜GATTIチャンピオンに王手〜

GATTIこと小川友幸選手が初の全日本チャンピオンを獲るには、残り2戦でとにかく1つ勝たねばならないという状況にいてもたってもいられず、下関まで遠征してきました。
結果は自然山通信、MFJ、ホンダレーシング等で既に報じられているように、非常に厳しい戦いを制しての優勝!
3sec
3secの出口ステアを見つめるGATTI

1Lap目は5点を取らずに試合を進めていた黒山選手に対して、GATTIは2つの5点。
見るからに難しかった(1Lap目に抜けれた黒山選手も、その後は連続5点)9セクはまだしも、3セクの5は痛いよなぁ〜
と、思いつつ2Lap目に入ってから、4セクのビッグステアで黒山選手が2点。チャンス!と、思って見守っていたらGATTIはなんと5点。
1Lap目を見ていたら、今日の黒山選手は悪くてもLap10点以下だろうという感じだったので、応援する側の私はこの時点で半ば諦め気分でした。
諦め気分だったので、5〜7セクは(5はクリーンは難しそうだけど、まぁ3点以内の勝負。6と7はクリーン間違いなし。と思って)飛ばして、9セクに先回りしてしまいました。
9の難所をどうやって攻略するのか良い位置で観たかったし・・・
おかげで、(結果的に)勝負所となった5,6を見逃してしまいました。
(追いかけモードからビール片手に観戦モードになっていたんだから、一番上の5から一番下の6まで走るなんて無理だしなぁ。。。)
「何しに行ったのか?」とか「応援しろよ!」とか言われそうな観客っぷりでしたが、まぁ、終わり良ければ全て良しってことで。




(一日早いけど)良い誕生日プレゼントを貰いましたわ。
posted by Masahiro.H at 20:30| Comment(1) | TrackBack(0) | トライアル雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
youtubeには4セクと9セクの動画も上げておきます。
Posted by 持ち主 at 2007年09月17日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック