2019年06月22日

5月の読書メーター

5月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2325
ナイス数:107


5月は、栗原一止 vs シェーラ姫。って感じでした。
ビブリオ漫談 (ビブリオトーク)ビブリオ漫談 (ビブリオトーク)感想
この漫談形式が私には合いませんでした。活字じゃなく直に聞くとまた違うのかなあ? この手の本を読むと「読みたい本」が増えるんだけど、今回はその成果も無し。
小中学生あたりが対象年齢なんだと思います。
読了日:05月02日 著者:笹倉 剛

園芸はじめました園芸はじめました感想
表紙に惹かれて手にとった一冊。 庭いじりの面白さが伝わってくる、読んでいて楽しい作品でした。失敗しても良いじゃないか、そんな緩さが心地よく、自分もやってみようかな?という気分にさせられる。絵柄も内容にあっていると思います。もっと色々読んでみたいな。
読了日:05月06日 著者:あらい のりこ

居酒屋ぼったくり〈11〉居酒屋ぼったくり〈11〉感想
最終巻。美音と要の結婚式&新婚旅行がクライマックスで、どうしようもなくハッピーエンドな物語。何もか上手く収まるのがこの物語の良いところ。現実に立ち返って色々考えたら負けです。心地よく頭を空っぽにして話の展開に乗っていくのが本書の楽しみ方。ただし胃袋は空っぽにして読まないこと推奨。長い付き合いとなったシリーズだけれど、美味しいものをたくさん教えてもらったこと、物語を楽しませてくれたこと、そしてきちんと終わってくれたことについて、作者に感謝します。番外編やスピンアウトではなく、別の楽しい物語を期待しています。
読了日:05月06日 著者:秋川 滝美

傲慢と善良傲慢と善良感想
突然失踪した婚約者の女性を探す...ミステリーかと思えど主題違うもの。自身の有り様と他者との釣り合い。何もしない善良さ、相手を値踏する傲慢さ、単純に善悪として計れないもの。この善良さには心当たりがある、いわゆる勇気の無さだ。単一的な価値観しかない真実の母のような人、これも傍目には善良でも、他を許さない傲慢さでもある。そして身近によく居る。不穏さから始まり謎・秘密が明らかになっていく展開は面白く、さすが辻村作品という感じでした。が、真実が架を選んだ(許した)ことに納得がいかないので、読後感はよろしくない。
読了日:05月11日 著者:辻村 深月

新章 神様のカルテ新章 神様のカルテ感想
久しぶりの栗原一止。うん、やはり、このシリーズ、大好きだ。文体、情景描写、人物像、太宰、地に足のついた物語、散りばめられた名言、すべて心に染み入ってくる。心が浄化されたように感じられるし、自分ももっと頑張らねばと思わされる。 こういう本を私は読みたい。

読了日:05月18日 著者:夏川 草介

明日も元気にいきましょう (角川文庫)明日も元気にいきましょう (角川文庫)感想
新井素子がちょっとだけマイブームなのです。一緒に同時代を生きてきた象徴というか、何というか。。。 本書は2004年に刊行された「もの」がテーマのエッセイ。15年も前の話なので、出てくるものに一昔前感があり、それがまた面白い。そして素子さんが欲したものの多くがすで何らかの形で実現していたりする。 その実現した「もの」を踏まえて、本書のアンサーバック的なエッセイを今書いてくれないかなあ?素子さんが全て使いこなせているはずがないという期待を込めてお願いしたい。
読了日:05月20日 著者:新井 素子

もういちどベートーヴェンもういちどベートーヴェン感想
超人岬洋介。それが全て。本書も「傲慢と善良」ではないか?などと思いつつ読了。ミステリとしては、犯人の意外性に重きをおいた結果、いまいちな犯罪になってしまったという感じがする。でも司法修習生のお話として、面白かった。 本シリーズは、刊行が時系列順でなく、行ったり来たりするので、ときどき混乱してしまうのが難点。
読了日:05月26日 著者:中山 七里

シェーラ姫の冒険(上) ([愛蔵版]シェーラ姫の冒険)シェーラ姫の冒険(上) ([愛蔵版]シェーラ姫の冒険)感想
「たそがれ堂」で知った著者が昔記したジュブナイル・ファンタジーの復刻版。子供向けとあなどる無かれ。大人でも惹き込まれる、芯の通った面白い物語でした。
そもそも、姫が運動能力の高い怪力の武闘派で、伴の幼馴染が非力な魔法使いの男の子、指輪の魔神は赤毛の女の子、という設定からして素晴らしい。そして二人とも、いやこの二人だけではなく出てくる人たちそれぞれが、形の違う優しさと強さを持って自分の目標に向けて進んでいる姿に心沸き立つ。子供向けと思って敬遠せずに手にとって良かった。
読了日:05月31日 著者:村山 早紀


読書メーター
posted by Masahiro.H at 18:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]