2017年04月10日

3月の読書メーター

3月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2259ナイス数:126

お気に入りの作家の本は少し期待外れで、初読みの作家に当たりが多かったという感じでした。


アンと青春アンと青春感想人間関係ミステリとでも言うのだろうか。あることをきっかけに人(の背景)を推察するような話でつくられた連作短編集です。主要な登場人物が漫画的な意味でキャラクター濃いこともあり、あまり現実感はありません。和菓子の世界のファンタジー(謎解き)って感じです。お話は安定して面白いのだけど、それ+αという点に乏しく、あっさり読み終えてそれでお終いという印象です。読了日:03月26日 著者:坂木 司

アンソロジー 隠すアンソロジー 隠す感想好きな作家の名前が並んでいたので手にとってみました。ミステリの短編集なので感想を書くのは難しい。アンソロジーにしては珍しいことに私にとっての「ハズレ」は一作もなく、頭からお尻まで存分に味わうことができました。
読んだことの無い著者の作品に出会えるのも魅力です。が、そのせいで読みたい本がますます増えていくんですよね...
読了日:03月24日 著者:大崎 梢,加納 朋子,近藤 史恵,篠田 真由美,柴田 よしき,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松尾 由美,松村 比呂美,光原 百合

本を守ろうとする猫の話本を守ろうとする猫の話感想本好きの人は読むと色々思うことが有るはずなのでお勧め。
休みの日にお茶でも飲みながらゆっくりゆっくり読むのが似合う本です。少し読んでは考えて、そしてまた先に読み進めて考え直してという感じ。
そんな面倒なことを抜きにして読んでも面白い物語です。語り口がちょっと昭和臭い感じも本作の内容に合っています。可愛い柚木委員長を愛でるのもまた良し。です読了日:03月20日 著者:夏川 草介

魔法使いと副店長 (文芸書)魔法使いと副店長 (文芸書)感想好きな作家の新作。水準は低くないんだけど期待が大きかった分だけ評価は落ちる。 ある日空から女の子が落ちてくるという昨今ある意味王道とも言える状況から始まる物語。ただし、ボーイミーツガールではなくオッサンミーツガール。だからラブコメではありません。 ファンタジーの外膜をまとった物語だけど、その核は後味の悪い社会問題であったりもする。でもアリスの明るさに救われる。副店長が魔法使いを救う物語のようだけど実は逆の意味でもあると思う。一途である生き方の素敵さが伝わってきます。読了日:03月17日 著者:越谷 オサム

光秀の定理 (単行本)光秀の定理 (単行本)感想明智光秀をモンティ・ホール問題で味付けした小説、実に面白い青春小説だった。視点が、おそらく架空の人物である愚息と新九郎寄りであるため、少し斜に構えたような感じで、光秀の人物が実に魅力的に描かれてある。才があり実直で情に厚く人好きのする男で、なぜ裏切りなどということを行ったのか...それが本書最終章で語られることでもあるのだけど、真剣に当人に聞いてみたくてたまらない。 そして最後。自ら世に関わることをあれだけ避けていた愚息が新九郎がやろうとしたことを思うと切なくってたまりません。 良い一冊でした。読了日:03月09日 著者:垣根 涼介

残り者残り者感想舞台選定と人物造形に長けた著者の今作は江戸城最後の日に大奥奥に残った女性たちを描くもの。期待が高まります。
大奥を職業婦人の場と見ているので、江戸開城は言わば会社倒産、いや会社の乗っ取られです。リストラされるわけです。でも愛着のあるこの場所、研鑽を重ねてきた仕事をそう簡単には捨てられないという「残り者」たちの気持ち... ただ、私が好きな作品と比べると、登場人物に熱というか行動の下敷きになる思いが感じられない。そこが読んでいて今一つ作品世界に没入できない理由でした。 期待が高すぎたが故に少し不満。
読了日:03月04日 著者:朝井 まかて

文庫解説ワンダーランド (岩波新書)文庫解説ワンダーランド (岩波新書)感想斎藤美奈子さんの名前は随所でお見かけしますが、著書を読むのはたぶん初めてです。
手に取った理由は「解説」が好物だから。解説だけに絞った書評だなんて、その発想からして面白さしか感じられない、食指が動かずにはいられない。
好奇心で手にした本書の内容は十分に満足の得られるものでした。予想以上に切り口が斬新かつ鮮やかで解説の評論だけでここまで読ませてもらえるとは思わなかった。
著者の他作も読んでみようと思っています。(お薦めあります?)
読了日:03月02日 著者:斎藤 美奈子


読書メーター
posted by Masahiro.H at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448902599
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック