2016年02月18日

鉛筆シャープはいいぞ。

職場で常用している筆記具

シャーペンは芯の太さが0.3、0.5、0.9mmの3種類。
0.3mm小さい字を書きたい時用。製図の細線。
Pilot エアブラン(定価200円)
 安さが取り柄。
 グリップが柔らかく使い勝手は特に悪くはない。
 http://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/air_blanc/
0.5mmは日常使い用。製図の一般線。
STAEDTLER 925 65 カラーコレクション(定価350円)
 Hを使っていることもあり、カッチリしていて線が書きやすい。
 柄が硬いから長時間字を書いていると指が痛むこともある。
 色が鮮やかなのでお気に入り。
 
http://www.staedtler.jp/products/01_writing/07b-mechanical-pencil/index.html
0.9mmはポンチ絵やメモ書き用。製図の太線。
コクヨ 鉛筆シャープ(定価180円)
 実はこれが握り心地サイコーの逸品。
 書き心地も良い。
 安いのに侮れない。
 今、最もお気に入りの一本である!
 自宅用にもう一本買おうかな。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/

もう一つ、出張や会議への持ち運び用の筆入れにも0.5が常備してある。
STAEDTLER ルナ 7612 (定価150円) 芯は0.5mm
柄が半透明で三角形。
店頭で見て、持ってみて、気に入ったから買ったもの。
一目惚れした相手だけど既に愛は冷めている。
理由は芯の折れと片減り。
HBの芯を入れているのによく折れるし、頻繁に回しながら使わないと線が太くなる。
ちなみに常用している925 65はほとんど折れない。
定価が倍以上違うだけの性能差は有ると思う。
http://www.staedtler.jp/new_products/7612-luna/index.html



色違いでフリクションペンが5本。緑・桃・水色・青・茶。 検図で活躍
万年筆カクノ。 落書き用、署名用
安物の赤色万年筆。 駄目出し用、あまり使わない。
ゲルインクボールペンが3本。赤・青・黒 メモ&検図用
普通のボールペンが2本。赤・黒 会社支給品。好きじゃない。
現場用の三色ボールペン1本。 何かの景品。
細字(0.3)の水性ボールペン。赤・緑 あまり使わない。
サインペンが3本。赤・黒・青 宛名書きや怒りをぶつけるとき用
色鉛筆多数。 検図や手計算に使う。
蛍光ペン3本。黄・橙・緑 ほとんど使わない。
XEROXのBLUE-PENCIL(2007年で廃番。でもまだ5本くらいキープしてある) 図面にちょっと落書きするのに重宝。

あとは通勤カバンに常備してあるのがmontblancの万年筆。 署名用、格好つける用
posted by Masahiro.H at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433967673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック