2005年05月29日

MFJの地方選手権

事前エントリを済ませていたので、体調はサイアクながらも中部選手権第5戦に参戦してきました。
今回の会場である大谷トライアル場は、我が家から車で2〜30分くらいという近さなので、何とか辿り着けたというレベルの体調ですから、 試合が始まる前の時点で参加することに(のみ)意義があるというオリンピック精神全開でした。
食べたら吐きそうな感じがしたから朝から何も食べてないし...
無理だと思ったらリタイヤするつもりだったのですが、セクションが比較的簡単な設定だったのでヘロヘロになりながらも完走することができました。
ヨメが、いくつかのセクション脇まで水を持って来てくれたことも完走できた大きなポイントだったかと思います。
昨日に続いて「感謝!」です。


1Lap目はセクションを1つ終える毎に息が上がって吐き気とめまいが瞬間的に襲ってくるので休憩しまくりかつ下見を大幅に省略してのトライでした。
第2セクションからスタートして、2連続1点とまぁ幸先の悪くないスタートだったのですが、あとは全部3点...と行きたかったのだけれども、 最難関(でも3点で我慢できるレベル)の9secで5点となってしまいました。
2,3Lap目は1Lap目のような辛さは何故か無くなってきたのですが、全くバイクを支えることができず、ちょっと振られただけで足が出て、 足付いて進めようと思ったら耐えられずに転倒してと減点は1Lap目よりも増える結果になってしまいました。
クリーンが1個も無いまま終えるのも腹立たしかったので、 自分にとって一番簡単そうに思えた2secを後に残して思いっきり休憩して気合入れなおしてトライしてみたところ、 何とかクリーンすることができました。


中部選手権R5

入賞なんて論外なのは分かっていたので、試合終了後は早々に帰宅して寝ようと思っていたのですが、 奥に駐車していたために他の人が動かないことには車を出すことができませんでした。
仕方ないので、車の中で一眠りして、ついでだからと表彰式を見物に行ったら...「やっぱりドベ賞」 と書かれた立派なトロフィーをもらってしまいました。
ちょっと複雑な気分ですよ。
でも、もうこのような賞は要らないので、2個目を貰わずにすむように修練に励むことにします。

今年は日程が合わないので、 この不本意な第五戦が最初で最後の選手権出場となる予定です。

posted by Masahiro.H at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアルの大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック