2015年02月28日

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

このタイトル、何かを暗喩しているのでもなく複雑な論理があるわけでも無い、ただそのまんま事実を述べただけの内容。
捻りは無い。
期待していたものとは違っていた。

物語背景の発想は凄く良いもので魅力的なんだけど、筆力・描写・構成が足りない
残念であった。
直前に読んでいた、「奇跡の人(原田マハ)」---粗筋は既知なのに圧倒的な筆力で引き込まれるものとの差が激しい。
これが作家の地力というやつなのかな。
そういうわけで久しぶりに自腹で買った本なんだけどハズレ。
口直しに「陽だまりの彼女」でも読むか。
posted by Masahiro.H at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック