2014年09月08日

全日本トライアル中国大会

天候不順。そして湿気と暑さ。
車中泊には向かない季節。
毎年思うのだけど、中国大会(9月F)と東北大会(10月E)が入れ替われば観戦が
快適だろうに。

その中国大会ですが、今年の観客数は466人との発表でした。
前日の雨で足元は悪いものの、当日は好天に恵まれてこの数です。
ちょっと悲しすぎる人数です。

これには、この暑すぎる時期の開催というのも要因の一つだと思います。
逆に東北は寒すぎる時期というので損しているとも思います。
YAMAHAの思惑とかあるんでしょうが、なんとかならんもんでしょうかねぇ。

もう一つの要因は会場立地の悪さかと思います。
この会場はトライアル競技にはとっても素敵な場所だけど、観戦者からすると立地
が不便。
車で近くまで行って、さらにそこからシャトルバスに揺られて...面倒です。
うちのように犬連れだったりすると、かなり、とっても、不便です。
(まず犬をバスに乗せられないし...)


泥地獄でセクションが近年の全日本には稀な難しさ
そこで繰り広げられる大接戦のトップ4の戦い。
技はさることながら、ここ一番の集中力の高さ。
今回の試合は本当に素晴らしくって、良いものが観られたなと思っているんですが
それを共有できた観客があまりに少ないことに寂しさを感じます。
とは言え、今回のセクション(地形)では、観客が多かったら、まるで観れなかった
可能性も高く
また、泥坂の移動で阿鼻叫喚の地獄図となっていたようにも思います。
うーん、これくらいが適正な観客数なのか...


結果は黒山選手の復活優勝!
2ラップ目の2〜4セクは鬼。スーパー健ちゃんでした。
我らがガッチ塾長は残念ながら後塵を拝したものの、そして危うさもあったものの
2位確保。
ポイントスタンディング的には残り2戦ともに3位以上確保すればチャンピオンで
す。
随分楽になりました。
posted by Masahiro.H at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアル雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック