2013年04月15日

2013年 全日本トライアル開幕

今年の開幕は近畿。名阪スポーツランド。
好天に恵まれ楽しく観戦ができました。
残念ながら塾長は二位で、黒山選手がぶっちぎりの一位でした。
三位以下は接戦で、それぞれの攻略法や得手不得手の違いが感じられて楽しめまし
た。
今年は中堅以下のキャラクターが揃ってきて面白そうな予感がします。

自然山通信WEBに得手不得手...全セクション成績が出ています。
http://www.shizenyama.com/pages/results/2013/04/2013ias.php

一目見て面白いのが4セク。
黒山選手と野崎選手のYAMAHA勢はここで苦労していたようです。
黒山選手にいたっては全14減点中、12点が4セクです。
5セクもYAMAHAにとっては今ひとつの模様。
この二つは高低差が比較的少なく、合わせて走ることが必要な感じに見えました。
逆に2とか3の登り攻略では流石のパワーで好成績です。
1LAP目の2と3ではHONDA勢が全滅してお先真っ暗気分だったのを思い出した...

あと触れておきたいのは、今回6位と検討した宮崎航選手。
激登りの7セクを3回とも抜けたのは黒山選手と航選手だけでした。
実に素晴らしい!

その航選手と1LAP目では同点で6位だったIASルーキーの加賀国光選手。
あと一歩で3位を逃した田中善弘選手。
次の試合でのさらなる飛躍に期待がもてます。
そして今回は調子に乗れなかった各選手の巻き返してくるはず。

次戦は5月12日。遠く九州は熊本県。
さぁてどうしますかねぇ。(笑)


朝、家を出たのは7時頃。
堤防道路は工事中のはずなので大垣以南はR258。
桑名東から東名阪〜名阪国道のルート。
9:30のIAスタートに間に合いました。
約二時間半と考えておけば良いようです。

帰りは東名阪大渋滞(事故渋滞20kmの表示)
高速のってすぐに亀山PAのスマートICから脱出。
100円とられた...
ここから鷲山の北から四日市に抜ける高速一般道へ。
(いつもより混んでた)R306からR365と繋いで帰宅。
17時より前に出て帰宅は19時30頃。
ほぼ3時間という感じかな。
これなら帰りは下道で十分じゃなかろうか?
posted by Masahiro.H at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアル雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック