2013年04月12日

術後の眼鏡

手術後、正式に眼鏡を作ってから約半月。
ここに感想をまとめておく。
手術後に作った眼鏡は3本(+サングラス1本)



1つは視力が落ち着く三ヶ月経過前に不便さに耐えられず作ったもの。(A)
これはPCからTVといった中距離に適したものになっている。
手元というか机の上には焦点が合わない。
車の運転は出来なくは無いけど、少し視力が足りない感じ。
家に居るときはほとんどこれである。
トライアルバイクに乗るときにも使う。
バドミントンでも使う。
食事のときには外す。
まぁ、日常生活ではこいつが一番使い勝手が良い。
でも不注意でレンズに傷が入ったのが悲しい。
視力変動によっては使えず捨てる覚悟だったので、
zoffでフレーム・レンズ込み5000円強のメタルフレームにしました。
掛け心地は普通。バイクのヘルメットとの相性も普通。
いずれ同等の度数でもう少し良いものを作るかもしれない。


残り2本は医者のOKが出てから同時に作成したもの。
前述の眼鏡(A)でカバーできない範囲用という位置づけです。

1つは運転専用。(B)
たしか片目で0.8くらいにしたはず。
運転用なので少しレンズが大きめなメタルフレーム。
使用頻度も低いはずなので、これまたzoffでレンズ込み5000円強の安物。
レンズが大きく度も強いので少し重いが問題は無い。
そして予想通りとは、近距離には無力。
運転に支障は無いけれど、腕時計を見るのは無理。地図も無理。
電話がなっても眼鏡を外さないと誰からか確認できない。
これは車に乗らない日常生活では出番なし。
玄関脇の収納棚に置いたままです。


もう1つは仕事用。(C)
パソコン画面と机の上に使えることを目標に作成。
度数合わせにはかなりこだわって時間もかけました。
結果、背を伸ばして座った状態であれば机の上での読み書きができる。
ただし、かなり細かい文字が出てくると眼鏡を外さざるを得ない。
手前にA3横とキーボードを置いてもやや前傾程度でPCモニタがよく見える。
電車でも混んでなければ本を読める。
(混んでると本が顔に近づけないとならんから読みづらい)
我ながら良いところに合わせることができたと思います。
基本的に会社に居る間はずっと掛けてます。
ただし現場に出るときは(A)に掛け替えます。
平日は長時間掛けることになるのでフレームは高級品。Zoff SMARTです。
かなり軽いです。(webによると9.4g)
フレーム素材や眼鏡の重心が一般的なものと違うせいか、掛け心地も異なります。
重量的には掛けている感じがしないのに、耳や鼻のピンポイントが痛くなります。
先週末にお店でフレームを再調整してもらってからは随分マシになりました。
その際に鼻が痛いと伝えたらパッドを柔らかい材に無償で換えてくれました。
何でも言ってみるもんですね。
レンズはパソコン用のZoff PCです。
クリアタイプを選びましたが、若干茶色が入っています。
眼鏡をかけると明らかに見える色が変わります。
明るい光をみると青い像がちらつきます。
屋内でパソコン用に使う以外にはまるで向いていません。
今のところパソコン作業で目の疲れを感じることはありません。
ただし術前や術後の異常な状態としか比較できないので、良いとの断言はできませ
ん。
フレーム,レンズともに贅沢したので、お値段はかなり高くなりました。
(A)や(B)が3本買えるくらいです。
http://www.zoff.co.jp/


仕事がある日は(A)と(B)の二つを持っていないとなりません。
まぁ大抵一つは掛けているので持ち歩くのは一つです。
とは言え、この荷物がある以上は必ず鞄が必要なのが少し面倒です。
それでも想像していたよりも不便の少ない生活ができていることに感謝ですね。
posted by Masahiro.H at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック