2013年04月03日

2013年3月の読書メーター

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1197ページ
ナイス数:122ナイス


今月はイマイチ。
プレゼンやら面接やらで本を読む気分に浸れなかったというのもあるな。


「また、必ず会おう」と誰もが言った。「また、必ず会おう」と誰もが言った。感想
ご都合主義ながらも旅を通して少年の成長を描くロードノベルとしてよくできている作品だと思う。 全編を通して旅に不安感を抱くことがなく、リアリティには欠ける。どれだけ強い精神力をしているのだ。それに加えて説教臭さが鼻につくので今ひとつ感情移入ができなかった。 感情移入できたなら泣ける良作なんだろうと思えるので残念。読む時機が悪かったかな。
読了日:3月27日 著者:喜多川 泰

ローカル線で行こう!ローカル線で行こう!感想
通勤の赤字ローカル線車中で読んだので、雰囲気は満点でしたね。(笑) 前半は斬新な手法による会社の立て直しで、後半は謎解き特に終章の一気に全てが繋がる気持ちよさで、存分に読ませてくれて、ほどほどの厚さなのにたれることなく読み切れました。 もう少しじっくり書き込んである方が好みだけど、それだと厚くなりすぎて駄目かな。
読了日:3月21日 著者:真保 裕一

官僚たちの夏 (新潮文庫)官僚たちの夏 (新潮文庫)感想
それぞれのやり方で仕事に賭けた官僚の生き様を描ききった良作。ながらも、今の時代&自分との温度差がありすぎて没入できなかったのが残念。 読む時機を間違ったかな?って感じです。
読了日:3月17日 著者:城山 三郎

地熱エネルギー―地球からの贈りもの―地熱エネルギー―地球からの贈りもの―感想
大学のときに江原先生の講義を聴いたことを思い出しながら読了。特に目新しいことは無かったけど、入門用としてはわかりやすい一冊だと思います。 高温岩体発電やシェールガスで必須の水圧破砕に変わる技術は無いものか?
読了日:3月3日 著者:江原 幸雄


読書メーター

posted by Masahiro.H at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック