2013年02月20日

海賊、おそるべし

海賊とよばれた男。
出光佐三がモデルの小説。
北九州ゆかりの海賊として、キャプテン・ハーロックと肩を並べるほどの格好良さ
だ。
熱い。熱すぎて火傷する。
取扱注意だ。
下町ロケットを凌駕する危険物である。

下巻を早く読みたくて
昼休みに雪が降る中を図書館まで歩いた
こんな気持ちは久しぶりだ。



だがしかし。
機械の仕様打合せに向かう電車で読んだのは失敗だったかもしれない。
図面が図面が大変だ。
posted by Masahiro.H at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック