2013年01月17日

覆面作家?

中田永一は乙一だったのか!
今さらながら知らなかった。

乙一と言えば今年の直木賞作家である安部龍太郎と同じ学校の卒業生。
久留米高専って...作家目指すやつが進む学校じゃないよな。
などと思うわけだけど、意外と理系な小説家は多い。
そもそも敬愛する北杜夫からして医学部なので違和感はない。
川上弘美も理学部だし、池澤夏樹も東大の物理だ。
あらためて意識してみると、理学部系の作家には文章が綺麗な人が多いように感じる。
完全に主観、単に私にとって心地良い文という分類かもしれない。

直木賞と言えば朝井リョウ。
わたしが今住んでいるところの隣町の出身。
高校は数年前に住んでた賃貸の近く。大垣北高。
北高と言えば在学中にデビューした中山咲が記憶に新しい。
ヘンリエッタ以降どこに消えてしまったのか?

こういう脈絡のない思考を続けるといつまでの終わらんので今日はここまで。

posted by Masahiro.H at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック