2012年12月04日

どうしようもない朝

駅までは自転車。
10分はかからない。
そこから、ひなびた私鉄に乗り、JRの駅まで。約20分。
赤字ローカル線だけど、朝は生意気にも混んでいて、まず座れることはない。
JRの乗り継ぎ時間は9分。
階段で高架を渡ってホームを2つまたぐ程度なので、まぁ時間的には余裕である。
そして、始発かつ街とは逆方向への電車なので、8割方座席が確保できる。
ただし、夏休み等の長期休暇時期は、座れないことが多い。
電車で2駅、10分強で、職場の最寄り駅に着く。
そこから吹きおろす風に向かい、上り坂を歩くこと10分弱で職場である。

朝は乗り継ぎが悪くないから、約50分の通勤時間ということになる。
帰りは1時間+α。
JRの本数が少いので、不便だ。


私鉄がこなかった。
10分少々の遅れであった。
無人駅なので、情報は得られないから、原因は不明だ。

これだけ遅れると、逆立ちしたってJRには乗り継げない。
次の電車に乗るには駅で40分以上待たねばならない。
通勤時間が1時間半を超えることになる。
つか、無駄過ぎる。

家から職場までは車だと30分かからない。
よって、遅れてきた電車には乗らずにヨメ召還。
いつもと同じ時間に職場に着くことができました。
ちなみに、この召還魔法の代償はまだ払っていません。
posted by Masahiro.H at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック