2012年09月03日

8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3003ページ
ナイス数:147ナイス


今月は休みと病院が多かったので、いつもより沢山読めました。




片思いレシピ片思いレシピ
良くも悪くも番外編だなぁ。と、いう感じです。会話で魅せるという技も小学生と老人が中心となる本書では、本編ほどの切れ味が無いようにも思われます。
読了日:08月29日 著者:樋口 有介

初めての人でもよくわかる庭づくり―暮らしを楽しむモデルプランと実践テクニック初めての人でもよくわかる庭づくり―暮らしを楽しむモデルプランと実践テクニック
テーマ・コンセプト別のまとめかたが読みやすかったです。
読了日:08月23日 著者:安行造園株式会社

謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
入院中のほどよい時間つぶしになりました。何も考えずに読めます。前作からの踏襲されている本作ならではの会話パターンも全くぶれがありません。内容が薄いので、そろそろ読者も飽きてきた頃合いのようにも思いますが、売れてるからきっと3も出ることでしょう。
読了日:08月22日 著者:東川 篤哉

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
本にまつわるミステリーは謎解きそのものより動機とそれにまつわる人物像が魅力的である。そういう目線で読むのが好きな人には良作だ。本作では大きな謎解き(母上のこと)も伏線が太くなってきて、栞子さんがどういう人なのかますます気になってきます。恋愛要素が薄めなのも本書的には良い味付け加減だと想います。 良い感じに古書(本)の紹介にもなっていて、読みたい本が増えるのが困ります。 
読了日:08月21日 著者:三上 延

魔女は甦る魔女は甦る
途中から読むのやめようかと思うくらいにだれた。 犯人との格闘が延々続くのだけど、その部分が冗長で説明過剰でテンポ悪くて辛かった。筆者が描く音楽のシーンは言葉多くても魅力的なのに、アクションシーンは退屈だった。 最後も悪意を残すにしても中途半端で逆に笑ってしまうくらいであった。 テーマと犯人探しの部分は凄く魅力的な素材なだけに勿体無い気がする。
読了日:08月19日 著者:中山 七里

おやすみラフマニノフ (『このミス』大賞シリーズ)おやすみラフマニノフ (『このミス』大賞シリーズ)
ドビュッシー同様に才能と強い想いがせめぎ合い、魅力的な「こんなはずじゃなかった」が奏でられる良作。 ミステリとしては、犯人当ては簡単。トリックも想像の範囲内。ただし動機にはしてやられる。だから私にはホワイダニットもの。
読了日:08月13日 著者:中山 七里

銀婚式物語銀婚式物語
あぁ新井素子だ。久しぶりだなぁ。 物語の内容を我が家のイベントとも比べつつさらさら~っと読み終わりました。覚悟していたほど文体への違和感はありませんでした。 客観的に見ると生活様式も趣味も考え方も似つかわぬ二人(極論するとリア充とヲタだよね?)が上手くやって行けているのは凄いなぁなどとも思いました。
読了日:08月10日 著者:新井 素子

NHK「極める!」スペシャル 犬の力、もっと知りたい (教養・文化シリーズ)NHK「極める!」スペシャル 犬の力、もっと知りたい (教養・文化シリーズ)
遺伝学や警察犬訓練という切り口は良かった。目新しさはあまりなかった。
読了日:08月10日 著者:

くるくるコンパス (一般書)くるくるコンパス (一般書)
コンセプトは面白いし、(作者得意分野である)キャラクター造形も良い。ただ物語の進み方がご都合主義すぎて少々醒めてしまった。最後はまたしても良い話になっていて泣けます。 大好きな作者の新作ということで期待が高過ぎたぶん少し物足りなかっただけで、作品自体は読んで損しない素敵なものです。
読了日:08月06日 著者:越谷オサム

技術者に必要な岩盤の知識技術者に必要な岩盤の知識
学生の頃に受けた講義の復習と思って手にした一冊。 理論を期待して読むには冗長な構成、著者の経験的な話との切り分けが今一つだからだと思う。思い切ってどちらかに重きを置いたほうが本としては良かったんじゃないかなぁ? でも内容的には非常に有用なものでした。
読了日:08月05日 著者:日比野 敏

さよならドビュッシーさよならドビュッシー
ミステリーとしては想定通りのオチだったので可。だけどそれ以外の部分が素晴らしい。オチもそういう設定だと思えば秀逸。 本書のように強い意志をもって何かをなそうと全力で挑む人の話は好物でして、それに「自らがことをなすためには犯罪もいとわない」という要素が加われば大御馳走です。 ドビュッシー聴いてみようかな?
読了日:08月04日 著者:中山 七里


2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

ラベル:読書メーター
posted by Masahiro.H at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック