2012年08月12日

奥長良トライアル(鷲ヶ岳)

前日スクールと前夜祭は体調不良で断念したものの、大会当日はなんとか走れそうなくらいに復活。
会場までは通常1時間半ですが、渋滞の可能性も考慮して4時半頃に出発。
ほぼ6時に現地に着きました。
 混んでねーし。

準備したり、朝メシのおにぎり食ったり、野菜わけてもらったり、珈琲もらったり...
いつもの仲間と雑談して過ごす...早く着きすぎて朝が長い。それもまた楽し。

体調も考慮してちょっと悩んだけど、Enjoyは無かろうということでChallengeでエントリー
今回はセクションが別設定とのことで、仲間内でEnjoy組とChallenge組は別れてまわることにしました。
こちらはSuperChallenge(親)とChallenge(子)の親子とご一緒させてもらいます。
お互いあまり下見に時間をかけないタイプなので良いペースで周ることができました。

結果は想像以上にボロボロ。
雨想定だったのかセクションは簡単で、病み上がりの体にも負担が少ない優しいものでした。
それなのに、やたらと1点が多かった。(まるで我慢できてない)
「見えなくって」という理由での3点と5点が1つずつ。(下見がよろしくない)
道を間違えた3点もあり。(論外)
ほとんどをクリーンしなきゃいけない難度なのに、1Lapに1個とかしか無いんだから情けない。
この大会を最後に、しばらくお休みしなきゃならんはずなんだけど、不完全燃焼でしたね。
ま、それでもコースもセクションも楽しく走れたから、非コンペ系ライダー的には良しとしておきますかね。
ちなみに相方は10位入賞ながらも目標の静じい超えに1点及びませんでしたとさ。

帰りは大渋滞を覚悟していたけど、まったく混んでおらず例年に無く早く帰宅できました。
晩ご飯(反省会)は参加できなかった前夜祭の憂さ晴らしを兼ねて焼肉を食べに行ってきました。

鷲ヶ岳
写真は暁くんから拝借


1sec
 V字谷もあるけど基本的にターンだけ。1Lap目の1点はダメダメすぎです。

2sec
 右ターンからの斜め△石ステアもどき以外は移動路レベル。△石で5点と1点。
 何やってんだろ。

3sec
 ターンとV字谷の横断に続いて石組みを越えるだけ。なんだけどなぁ... 
 踏めなかった

4sec
 林間のちょっと上り下りにターンが加わるもの。下ってのターンが少しきつい。
 1点、次いでクリーン!の予定が出口の道間違えて3点

5sec
 黒土ふかふかターンとプチ上り。超簡単!なのに2Lap目失敗...

6sec
 林間のヒルクライム。グリップ良かったから過去最高に簡単。
 だけど1Lap目は出口への道がまぶしくて見えなかった

7sec
 沢沿いの黒土斜面。特に難しくないはずだけど、出口の上りでバタバタになる。
 グリップさせられていない&速度が足りてない。かなぁ?

8sec
 涸れ沢。苦手...なんだけど、今回は簡単だった。
 1Lap目に最後上るところのターンで足が出たのは、まぁ仕方ないか。
 2Lap目に(必要もなく)焦ってInしてバタバタ3点はいただけない。
 このセクションはSuper用は沢が長く、Challengeは途中で右にOUTする設定。
 Superのコース走って、Challengeの出口までクリーンだったからクリーンとしてた人達はダメだろ?
 ここは出口の右ターン省略したら凄く簡単になるんだよ。

9sec
 林間の嫌なターンが続くイメージがある場所。だったけど、今回はそれほど捻ってなかった。
 最後の上り途中の根っ子が(暗くて)見えないのが最大のポイントだった。3点×2

10sec
 ヒルクライム!と、見せかけて、実はその上のターンの繰り返しが肝でした。
 どうしても1点ついてしまうのは無駄に慌てていたからかなぁ?


鷲ヶ岳集合

ラベル:TRIAL
posted by Masahiro.H at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアルの大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック