2012年04月17日

2012福井県大会初戦

福井県大会。
難度は少し高いけど、基本が問われる難しさで怖さは少なく。
MFJ Licenseが要らないから敷居も低く。
試合数は少ないながらも年間ポイントも有り。
選手権にはほど遠い私のような者でも楽しさが味わえる良いシリーズです。


今年初戦の会場は敦賀にある沓見TR場です。
ここは初めてなので詳細な場所が不明。
なのでバイパスから降りたところで待機。
バイク積んだ車を追いかけて無事に辿り着きました。
高速代550円払えば、片道1.5Hかからないくらい。
帰りは高速代ケチったけど2H程度でした。
かなり近い。
赤土斜面の転んでも痛くなさそうな地形でした。

NB相当クラスにエントリーしたのですが、まるで攻略できず。
ベースが3点で、大ミスしたら5点、偶然うまく合ったら2点という感じ。
最初から「5点にはならんとこ」って、気持ちが負けているのもよろしく無かったかもしれない。


セクションは6つで、午前に2Lap、午後に2Lap
つまり、同じものを4回走るわけなので少しは攻略できんとダメなんだがなぁ...
AMは2点が3つと5点が2つで37点。 5点のうち1つはエンスト。
PMは2点が2つで34点。 AMより2点が減ってるのが情けない。
合計71点
http://www.ne.jp/asahi/hokurikutrial/rst/


1sec(3,2,3,2)
丁寧なターンの繰り返しと石下りを怖がらなければ攻略できる。
クリーンも無理じゃないはず。
難所は2つなので、少なくとも2点では出たい。

2sec(5,5,3,3)
下ってから木が手前に埋まっている石というのが難所。
その後も結構テクニカル。
下りのエンストと石に登れず転倒で5点×2。
これはダメだと、PMは完全バタ足作戦で3点。

3sec(2,3,3,3)
流水轍を横切るターン付きの斜面登り。最後はオフキャンバーから登り。
GattiSchool会場でよくあるパターンなので苦手意識は無い。
なのに3点連発は情けない。

4sec(3,2,3,2)
難しいターン(もしくは石越え)とキャンバー登りのみの短いセクション
前半3回はターン、最後は石越え。
明らかに後者が正解(楽)だったのでラインよみ間違い。
後の練習ではクリーンなので、この減点じゃダメだ。

5sec(3,3,3,3)
長く辛いターンと斜面の上り下りが続く。
下りで少しだけでもリアを振れたら楽が出来るのになぁ...
ま、今の実力じゃ3点しか無いと思う。

6sec(3,3,3,3)
円滑なターンとライン取りが勝負な感じの、所謂"アジな"セクション。
頑張れば2点は有るかもしれんけど、1点以下は難しそうかな。

posted by Masahiro.H at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアルの大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック