2012年02月20日

2012年第一回ガッチスクール

会場は今年から選手権の開催も行われるという岡山TRパーク。
うちから約1.5H、おそらく一番行くのが楽なトライアル場。
なんだけど身内だけにしか鍵が配られていないので普段は入れない。残念。
選手権の準備なのか、久しぶりに見た岡山は随分と変わっていました。

3月の選手権に向けて、参戦組がある程度来るかと思っていたら全くそんなことは無し。
来週の開幕戦ががキョウセイなんでそっちに行ったのかな?

いつものように中級で受講。
講師は村田部長、途中から暇になった?南山師範も飛び入り。
風は冷たいながらも天気は良く楽しく遊べた一日でした。

先週ちょっとだけ調整程度に乗ったものの、ブランクが長すぎたようで勘が戻らない。
この辺の感覚の戻り加減は加齢の影響もある感じがする。


AM−1
ステア気味の土手登って斜面でターン。出口は左に登りながらのターン。
こういう土手は土ということもありフロント上げる意識に欠けることが有るから修正。
登りとその後のターンを繋げるアクセルワークと体重移動は自己採点ではまぁ合格っぽい。
登りながらのターンは体を前に入れずに走る悪い癖がでないように意識する。

AM−2
根っこが多い林でウネウネ上り下りしてちょっとステアっぽいやつに行く。
難しいながらもラインにさえのればクリーンは出る。
ラインにのれない、再現できないのが課題だな。
あと下見で根っこの場所をよく確認することだ。


あるふぁウルサイ。
おやつ美味しいー

PM−1
ターン即ヒューム管&小さい段差石。
右にキャンバーをターンして左タイトターンしつつ低い根っこ。
最後に登りながら膝下高さのコンクリブロック。
最初数回はヒューム管が登れず苦労する。
塾長からのクラッチのアドバイス(以前にも言われたことだが...)で復活。
ステップ踏んで開けるだけのワンアクションで上げたら良いだけなのであった。
それでもまぁ段差は大の苦手だわさ。

PM−2
崖一発の上り練習。
南山師範大活躍。
ここは開ける&体入れるだけの基本練習だったので、すぐに終了。
応用編はキャンバーターンと助走の無い登り。
ターンしながらグリップさせるか、強引に勢いで登らせるかが難しい。
私は個人的な趣味として前者で。
でもクリーンできる前に時間切れ。

デモ。
なんだか難しさの伝わりにくいヒューム管とか。
フロント差したら登るだけの速度が得られないらしい。

閉校
なぜかジャンケンで買ってしまって、ステッカーと携帯ストラップ貰った。
しかしこれで無駄に運を使ったせいで、目玉のガッチジャージは当たらんかった。

終わりに。
なんとなくアクセル閉じてバイクを走らせるのが自分なりに調子良かった。
だから、細かい段差とかキャンバーは良かったと自画自賛しとく。
でも、段差がまるで駄目だったな。
再来週までに練習しておこうと言いたいが、身近に練習場所が無いんだよなぁ...
posted by Masahiro.H at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Gatti(スクール) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック