2011年10月30日

グリーントライアル 秋

今回から母山と父山をクローズドコースとして競技車OKでの開催です。
公道を移動していく過去の1~3セク辺りが無いのは少しだけ寂しいけど、参加者が
増えたから喜ばしい。

相方は肉離れにつき見学。
よって一人気ままに周回=早周りとなりました。
早周りしたら1Lap目の9~10~11の移動で迷ったけどそれもまた一興。

結果は10secの2Lapで減点63/クリーン3。35/38位。
1secあたりの平均減点が3点超えてるのは我ながら酷いと思う。
ちなみに上級者向けのマーカーは一つも通ってないのにこの有様です。

1sec
少々下って上級者は振ってたりする回れないターンでUターン
そこから助走なしで登って上でキャンバーターンして後はウネウネ
1Lapは回るたびに足が出る感じの3点。
2,3Lapはターンから登り切れずに5点。
5点だけならまだしも迂回路は無いからバイクを出すのにえらく疲労しました。

2sec
グリーン名物の特大ヒルクライム。
とにかく決められた所まで登って降りてきたら良いというシンプルなもの。
右回りでも左回りでも良いという味な設定です。
いつもと同じだし歩いて登ると疲れるし...
と、下見を省略したことで渋滞を抜けて早回りが可能となりました。
コンディション良かったのでなんとか登れたというかバイク上げられたので3点。
登り切ったあとキャンバーターンからの下りがめちゃめちゃ怖かった。

3sec
ここもいつもの泥沼沢みたいなところからの楽しい登り
1Lap目は出口直前の黒土轍が嫌いで無駄に1点。
2Lap目は貴重なクリーン

4sec
恒例のロングヒルクライム。三速で開けていくのは年に2回ここだけ。
今回は手前が長く、いつもの感覚だと2セクション分の設定。
早周りの1Lap目は良かったけど、以降は大渋滞でした。
ロングヒルの前にある細かいアップダウンが意外に難しくて5点。
2Lap目もここで3点。
ロングヒルだけだと、1Lapは登れず5点で、2Lapでなんとか登り切った。
3Lap目は渋滞待ちが鬱陶しかったので飛ばしてしまった。

5secと6sec
記憶では5と6がどっちだか曖昧になってる。
遊歩道脇の油断すると見逃しそうな林間
キャンバーをうねうねなんだけど立木や根っこが嫌らしい
ライン選択にも少々悩む。
地味ながらこれもある意味グリーンらしいセクション
キャンバーでずり落ちて上がれなくなりそうになった。
貴重なクリーンを稼いだ。

7sec
本部近くまで降りてきてから父山へと入る道がセクション
気持よく登って登って出口の左ターン登りで滑って...3点と5点。
ここはもう少し頑張らんといかんかったセクションだな

8sec
遊歩道から脇の尾根に向けてガッツリ登る
登ったあと更に登ってもういっちょ登ってという感じ
1Lapは下見が悪くってライン間違えて途方に暮れる5点。
2Lapはライン付いていたこともあり前回比で随分楽に行けた

9sec
ターンから二段っぽいヒルクライムでやや曲がってるセクション
ヒルクライムの基本が出来てたら簡単に行けるはず...
なんだけど1Lapは滑って加速できずに登れなかった。
天白での練習成果が活かせてないよ...

10sec
以前にもあった涸れ沢の難セクション
沢は難しすぎるから脇のキャンバーを駆けるラインにするけど、それでも落ちそう
で難しい
1Lapは落ちて嵌って泣きそうな5点。
2Lapはラインがしっかりしてきたことあり何とか3点。
3Lapは暗くて見えなくなったのでバタバタ。
しかしここはその気になればなんぼでも難しくできそうな地形だ。

11sec
どんどん下って左に曲がりつつキャンバー走って登ってくる
1Lapは下りが滑って怖かった。
キャンバーで足がでたのが何とも悔しい。
大胆に走れるセクションなんで結構好きです。

12sec
下ってややこしくターンして最後一発登ってこいよ!設定。
最後に登れずで終わって凹むためのセクション。
ターンから加速できたら天国。滑ったら地獄。
ここは1Lapの地面が綺麗なうちが楽で、2,3Lapではよく滑りました。
posted by Masahiro.H at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアルの大会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック