2010年09月13日

トライアル・デ・ナシオン

デ・ナシオンというのは国別対抗の団体戦のことです。
2年ぶりに参加した我らが日本は5位でした。
まずは無事の参加と結果(順位)がついたことを素直に喜びたい。
http://www.fim-live.com/en/sport/trial-des-nations/news/news-detail/article/1284313255-seven-fim-trial-des-nations-win-for-spain/

今年は実力上位順ではなく、将来を期待して選出されたメンバーでの参戦です。
過去に戦った実力あるメンバーでは優勝を争いつつ惜しくも2位,3位という好成績
でした。
それに比べて今年は(残念ながら大差の)5位になったことに落胆する必要は無い。
来年そして再来年と一歩ずつ進化していけば良いだけのこと。
この世代で頂点に届かなくっても次の世代へと繋いでいくことでいつかきっと……
今のトップライダー達が引退しても日本のトライアルはまだまだ続くと思わせてく
れたことに感謝。


ところで何で(トライアルは)ネイションズじゃなくってナシオンなんかねぇ?
ネイションズの方が世界国別対抗っぽくて格好良いし、語感的にも上げ上げだよ。
# ひいてはスポンサー集めにも有利な……というところまでは無いか。
ナシオンなんて主権論とか世界史とかで微かに聞き覚えがある程度でピンとこん。
それに「シオン↓」って語感も何だかテンション下がるな。
posted by Masahiro.H at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | トライアル雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラテン語なんでしょうかねえ?(全然根拠なし)
ヨーロッパでは、ラテン語はノーブルな言語だとか?
今風な世界共通語だと、エスペラント語でしょうか?
どっちにしてもラテン系の匂いがしますね。
Posted by 練習菌 at 2010年09月13日 20:26
ラテン系は突然意味不明の壊れ方するから嫌いです。
でも、今の為替相場では使わざるを得ません。
ポンプやモータを国産からイタリヤやフランスに変えただけで一気に安くなりますからね...
日本大丈夫か?

元ネタから乖離した話でした。
Posted by Masahiro.H at 2010年09月14日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック