2009年10月19日

こじぇべる

気候も良くなり
仕事もそう忙しくも無く
比較的早く帰宅できるので
先週来こじぇべる通勤しています

こじぇべるも12年目
走行距離も28000kmを超えました。
(ここ5年はほとんど乗ってないんで距離伸びてないなぁ)
決して調子が良いとは言えない状態です。
それで久しぶりに乗ると
気になることもありまして
日曜の午後にちょっとだけ触りましてね
余談ながらこじぇべるの整備には
こちら重宝です

ひと夏越してコックONにしたら
ドレンからGAS漏れ
フロート室叩いて
エンジンかけたら止まったけど...
それに、町乗りではちょっと濃い感じ
キャブ開けてみました。
つか、まずは開けるのが一苦労
ねじが固着してましてね。
プラスドライバーだとなめそう。
オイル吹いてしばらく放置してから
ロッキングプライヤーで強引に回しました。
手持ちに合うねじが無かったんで
無理矢理外したねじを掟破りの再利用...
今度ねじ買ってこよう。

中は思っていたより綺麗でした。
ピンが上手く抜けないので
フロートを外すのは断念。
次回は半田ごて試してみようかな
一通りクリーナ吹いて終了
ニードルのクリップ位置を二つ上げ
つまり一番上にして組みなおし
エンジン始動。OK
アクセル開...ダメダメです。
回転が綺麗に上がりません。
二つは上げすぎのようです。
もう一回ばらして一つ下げ
(上から二つ目に)
ちょっと家の前で試乗した感じでは悪く無さそう。
と、言うところで夕方
エアクリーナを点検して
あちこち油吹いてお終いです。

それからヨメと近所を散歩して買い物して肉食って酒飲んで終了。

翌朝...
いつもより軽やかに一発でエンジン始動
これまで始動に時間を食ってたのは改善
実は我が家の目の前は片側2車線の幹線道路
通勤方向は右。
つまり「行って来ます!」の後に機を見て転回
再び家の前を通るという走り方になります。
で、転回してアクセルを開けたところで違和感
半分から上くらいのところで開けても速度の伸びが悪い
伸びないわけじゃないけど、明らかにこれまでと違う感じ
法定速度での巡航は問題なさそうなのでそのまま出勤。
念のためにプラグを点検してから
キャブ開けてクリップ位置を下げよう
って、元に戻すことになるわけだが...
昼休みにやりたいところだが
ドライバー持ってきてないわ。
いくら早く帰っても暗くて作業は難しい季節だし
どうしようかねぇ?

フロントフォーク、ステムベアリング、リアサス、ブレーキ...
こじぇべるも、やること数えたらきりがない。
つーか時間が全く無い。
まずは擦り切れたグリップの交換からやりたいんだけど
買うのが面倒で未だ手付かずなんだよな。
posted by Masahiro.H at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクの点検・修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック