2008年11月03日

第42回グリーントライアル

今回限定いつもの緑の村と違う会場。


1secは黒土緩斜面のターンと上り。
電車道があって特に問題なし。遊ぶと難儀。

2secはインに見た目だけ派手な右キャンバーターン。
あとは緩々の上り一本道。問題無し。

3secは今までの大会経験でも最長。
延々とV字谷に沿って上り、最後に一見崖な土斜面を直登
V字谷で堪えきれずに足が出る。最後の崖は意外と難なく登れました。

4secは斜面の裾を緩々上り、そのまま少し左に捻って更に一上り。
ここで真っ直ぐ入るのかちょっと右を狙うのか、二つラインがあるように見えました。
その後に右方向の出口へとまた緩い上り。
直進優先でまぁ特に問題なし

5secは初級向けと上級向け(入賞経験者は強制的にこちら)が別のセクション。
迷わず初級向けを選択。
すり鉢谷を下ってから上り、林間をぐるっと回ってインの方へと戻るもの。
谷からの上りを勢いがあるなら直登が良さそうだけどグリップが悪くて失速するかもしれない感じ。
すり鉢に沿わして上ると斜度は問題無さそうだけどターンがポイントになりそうな感じ。
直登を選んで、この部分はまぁOKだったけど、後半の林間も思っていたより土の状態が悪くって難儀でした。

5〜6の間はひたすら林道を駆け上る少し長めの移動でした。
標高が高くなるので、見晴らしもよく、また木々が色づき始めていて良い雰囲気でした。
6〜8secの辺りはよく覚えてません。(笑)
いつものグリーンっぽい林間斜面での下りと上りのセクションだったと記憶しています。
そのうちの1つが難しくって、緩々走ったあとにきつめのターンから少し左下がりな黒土斜面を巻くように上るのですが。
これが開けると滑るので何とも厳しいものでした。

ここからまた林道を走って4か5see辺りまで引き返します。
9secは林道から急な段を一つ上り、その後は林間のターン大会。
最後の左頑張るターンが少々きつめでした。
2ラップ目に1点ついて悔しい。

10secはただ下るだけ。
緑の村会場の移動よりも楽な感じ。
つか、多分これは大サービスセクション。
問題なし。

11secも下り。
最初に少しややこしい切返しと段差的な下り。
その後は途中に小さい丸太が一本。
そしてちょっと急になったところを下ったら本部広場でした。

12secは本部脇。
整地した残骸っぽい小さい土盛りの縁からインして、その切り立った土を上って下って真剣な右ターンから緩く上ってお終い。
1ラップ目と2ラップ目でセクション(テープ位置)が変わっていて難儀しました。
posted by Masahiro.H at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | トライアルの大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118656198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

第43回グリーントライアル結果
Excerpt: 1ラップ目 減点14,クリーン6 当然上位には程遠いんだけど 自分としては、それほど悪くないと思う。 2ラップ目 減点18,クリーン6 1ラップ目より減点増やしてどうするよ... って、感じ。 5点..
Weblog: TrialIZM Type-B
Tracked: 2009-05-05 14:45