2008年09月22日

久しぶりに凄く怖い思いをしたスクール

午前中は会場の草刈。
曇り空。
蚊の猛攻。

その後、激しく雨。
のち、スクール。
蚊の猛攻が続く。
そして途中で一度激しく降られました。

最後にやったヒューム管を越える練習。
斜面手前のやつではなくって、
1/3くらい溝に埋まった方。
これをアンダーガードを擦らず行けとの塾長命令。
要は上った後にフロントが浮いてる二度吹かし。
一度も成功しませんでした。
理由は、怖いから。
フロント上がったままヒューム管の上に居るのは怖い。
高くて怖い。とにかく瞬間的に危険を感じる。
だから反射的に足が出てしまうのでありました。

どうやって克服しようかねぇ?
posted by Masahiro.H at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | Gatti(スクール) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練習して慣れるしかないと思います。
確実性が身に付けば、怖くなくなります。
Posted by 練習菌 at 2008年09月25日 18:32
おっしゃる通りですね……

わたこお風に、とりあえず行ききって転んでみるのはダメですかね?
転んでも大したことないとわかれば怖くなくなるとか。ヾ(- -;)

Posted by Masahiro.H at 2008年09月26日 09:31
わたこおが何故死なないかは不明ですが、
善良な社会人ライダーは仕事に差し支えるような
怪我をしてはいけません。
限界を超えないで徐々に能力を高めて行くのが「吉」。
しまいに自信がついてきて、いけなかった所も、ある日突然いけるようになります。
Posted by 練習菌 at 2008年09月29日 13:33
わたこおが死なないのは、わたこおだからです。
それ以外に答えようがない。

「ある日突然」を夢見て練習に励みますわ。
もうあと3ヵ月もしたら、少しは仕事が落ち着く予定だし。
(新しい案件が入るとダメですが……)

Posted by Masahiro.H at 2008年09月30日 17:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック