2020年07月25日

頚椎椎間板ヘルニア

今朝起きると右手親指に痺れを感じました。
最初は寝違えたのかと思ったのですが、手首から肘にかけての親指の延長線上が触っても何かおかしい。
軽い痺れというか、皮膚感触が無いような状態。
これは、一週間ほど前から右足の薬指付近に感じている違和感と同じもの。
幸い、土曜で午前中は病院が開いているので、一度診てもらうことにしました。
整形外科で、初見から首の疑いと即断され、レントゲン撮影。
上から5つめが押し潰されていました。
その位置は丁度親指にいく神経が通っているところだそうです。
話の辻褄がピタリと合うのは気持ち良い。
ま、全くもって良い話ではないのだけどね。

とりあえずは投薬で様子見です。
ノイロトロピンという痛み止めと、メコバラミンというビタミンB12ーーーこれは神経の麻痺に効くらしい。
朝晩2回、各1錠なんだけど、初回間違って2錠飲んでしまいました...


土曜なので夕方はバドミントンだったのですが、ラケット握るのに違和感があるのと、ある角度では打ちにくいことを除いて、自分なりのプレイはできました。
蒸し暑くって汗だくになったのだけど、薬があるからビールは我慢。ノンアルの安物で気分だけ味わっときました。

現状、掌を上にして体の方に曲げる動作では上手く力が入りません。
そのため、洗顔と歯磨きのときに非常に不便です。
慣れるしかないんだろうな。
20200725220003887.jpg
posted by Masahiro.H at 21:59| Comment(0) | | 更新情報をチェックする